リングの選び方

ハンド

ダイヤモンド付きが一般的

婚約指輪は、結婚の意志を現すために男性が女性に贈る指輪のことです。プロポーズの際に贈ることが多いですが、結納や家族の顔合わせの際に披露することもあります。札幌で婚約指輪を購入する場合は、贈る日の数ヶ月前から選び始めると余裕が生まれます。札幌で一般的な婚約指輪の予算は、25万円から45万円となっており、ダイヤモンドが付いたタイプが主流です。ダイヤモンドは自然界で最も硬い物質とされていますし、傷が付きにくく、薬品や紫外線などにも滅法強いため、耐久性があります。「永遠の愛」というダイヤモンドが持つ宝石言葉は、このような石の性質を表しています。札幌では、0.25ct前後のダイヤモンドのサイズを選ぶ人が多いです。大きいサイズの方が希少価値が上がるものの、色や透明度、カットの品質などによって価格は前後します。それから、リング自体の素材は、プラチナやゴールドが主流です。特にプラチナは希少価値が高く、性質も強いです。札幌で販売されている婚約指輪のデザインは、ウェーブラインとストレートライン、V字ラインが主流となっています。ウェーブラインは波打った形のリングで、一番優しいイメージです。一方、ストレートラインはシンプル・イズ・ベストといった印象で、着ける人を選びません。また、V字ラインはシャープな印象で、一番個性的と言えるかもしれません。いずれにしても好みの問題なので、着ける女性のイメージに合わせて選ぶのがベストです。