デザインは様々

ドレス

選び方のコツ

結婚式をあげないカップルも近年は増えてきていますが、ウェディングドレスへの憧れが全くないという女性は少数派です。ウェディングドレスは女性にとって永遠の憧れともいうべきものです。ただ時代によって人気のデザインは変化してきており、その種類も多様化しています。ウェディングドレスという場合は純白のドレスをさすことが多く、色がついたドレスはカラードレスと区別されて呼ばれることが一般的です。ウェディングドレスのデザインは様々な種類があります。Aライン、プリンセスライン、マーメイドライン、エンパイヤライン、ミニドレス、セパレートタイプなどが代表的なデザインです。ですがそれぞれのデザインごとに特徴は異なっており、一口にAラインといってもドレスの形は様々です。近年はカジュアルで畏まらない形の結婚式が増えているので、カジュアルな形のウェディングドレスに人気が集まっています。近年のドレスは肩から胸元にかけて大きく露出したものが多かったのですが、近年は反動でそれらの部位を隠した上品なデザインやカジュアルなデザインに人気が集まっています。ですが新しいデザインだと価格が高くなりがちなので、オーソドックスなタイプも依然根強い人気があります。選ぶときは自分の体型や目指すイメージなどを考えて選ぶとよいでしょう。スリムに見えるデザイン、足が長く見えるデザイン、可愛らしいデザイン、大人っぽいデザインなど種類は様々です。試着してみるのも重要です。